日産 GTR (R34) ガラスコーティング 磨き施工例 東京都 W様よりご依頼

query_builder 2022/10/22
施工日誌
34GTR_00

日産 GTR (R34)

ガラスコーティング 磨き施工例

東京都 W様よりご依頼

34GTR_01

外せるパーツは取り外します。

34GTR_02

軽く洗車してからクレンジングです。

34GTR_03

クレンジング剤は、ボディ(塗装面)にくまなく塗り込みます。

34GTR_04

クレンジングにより塗装の奥にある汚れ、油分が浮き上がります。

白濁しているのが塗装の奥の汚れ浮き上がった証拠です。

34GTR_05

クレンジングが終わったらシャンプー洗車でクレンジの汚れを流します。

34GTR_06

丁寧に洗い流します。

34GTR_07

ボディが乾く前に鉄粉除去の粘土がけ。

34GTR_08

クロスで拭き上げた後に、ブロアーで残った水滴を吹き飛ばして乾燥。

34GTR_09

乾燥後にマスキングします。

細かい部分も丁寧にマスキングします。

34GTR_10

後々の作業を考えて細かい箇所も丁寧にマスキング。

34GTR_11

エンジンフード内もビニールで養生します。

マスキング完了。

34GTR_12

キレイに見えますが、各所チェックをして行きます。

34GTR_13

少し磨いてみてコンパウンド、機材を選定します。

34GTR_14

キズの状態を確認しながら慎重に作業を進めます。

34GTR_15

強い光を当てキズの状態を確認しながら磨きます。

34GTR_16

円形であるバフのどの箇所の研磨力が強いか把握していれば、細かい箇所も自在に磨くことが出来ます。

34GTR_17

湾曲のきつい箇所を均等に磨くには、回転数、角度、どの箇所の一番研磨力が強いか等、機材の特性を理解し力加減を巧くコントロールすることが必要不可欠です。

34GTR_18

各機材、各コンパウンドの特性を熟知し使いこなすことが出来て、初めて車を美しく仕上げることが出来ます。

34GTR_19

磨き後、隙間に入ったコンパウンドを丁寧に除去していきます。

34GTR_20

細かい箇所も手抜かりはありません。

34GTR_21

残ったコンパウンドをシャンプーで洗い落します。

34GTR_22

隅々まで丁寧に流します。

34GTR_23

拭き取った後はエアブロー。

34GTR_24

丁寧に拭き上げてから、エアブローで水滴を完全除去。

水分が残っているとコーティングが定着しないので、充分に乾燥させることが重要です。

34GTR_25

完全に乾燥させてから脱脂してコーティング。

施工完了。

34GTR_26
34GTR_27
34GTR_28
34GTR_29
34GTR_30
34GTR_31
34GTR_32
34GTR_33
34GTR_34
34GTR_35
34GTR_36
34GTR_37
34GTR_38
34GTR_39

日産 GTR (R34)


ガンメタリック


経年車


施工内容

・トラフィックガラスコーティング
・ガラス撥水加工 フロント
・ホイールコーティング
・樹脂パーツコーティング

NEW

  • BMW X5 ガラスコーティング 磨き施工例 埼玉県 J様よりご依頼

    query_builder 2022/12/24
  • AMG CLS53 ガラスコーティング 磨き施工例 東京都 T様よりご依頼

    query_builder 2022/12/19
  • BMW アルピナB3S ガラスコーティング 磨き施工例 埼玉県 S様よりご依頼

    query_builder 2022/12/17
  • シボレー カマロ ガラスコーティング 磨き施工例 千葉県 K様よりご依頼

    query_builder 2022/12/15
  • メルセデスベンツ S550 ガラスコーティング 磨き施工例 東京都 T様よりご依頼

    query_builder 2022/12/12

CATEGORY

ARCHIVE